またひとつ、心に深く残るパゾリーニ画像

「昔はね、根っからの個性的な役者さんや、役者のなにかに閃いて自分の映画に出演させて
作品を成功させる監督さんがいた、んだよ」って私はもぅそんな語りをする年齢になったのかよ、って
思いながら、そしたらそんな映画監督さんって誰?と誰かが聞いてくれたら迷いも無くパゾリーニ監督と答える。
ど素人の大学生Enrique Irazoquiをイエス・キリストに仕立てたのだから!
最初から最後まで食い入って観てしまったなーとふと探してみれば出てきた。
IL VANGELO SECONDO MATTEO DI PIER PAOLO PASOLINI - ITALIA 1964
e0002289_23234653.jpg

e0002289_2324577.jpg

こうして昔観た作品の撮影風景まで掘り起こして眺めることができるなんて、感無量であり、
歳くったって証拠だよなーということで、このエンリケ氏が2008年には"A la soledad"という
映画に出演していることも判明。薄毛白髪のオジイチャンになっていました、言わずもがな。
http://www.pochoclos.com/wp-content/uploads/2008/06/alasoledad.jpg

::::::::追 記:::::::::
イタリアに好奇心:イエスの顔が決まるまで
[PR]
by gaekogarcia | 2010-01-17 23:22 | ガエル以外
<< 今日はなんの日?フッフゥ~~♪ やはり気になるわよーオバちゃん... >>