スコット・ロスを知り色々な事を後悔したが

e0002289_18515219.jpgチェンバロ、フランス、バッハ、1989年。
今日この世にいないスコット・ロス氏が私の前に現れて私がしてきた、してこなかった過去の出来事を人生を後悔させた。BWV903のフーガをいとも軽く重く演奏している動画。もしかして映画「釣りバカ日誌」を観てバカ笑いしている家族みたいに、もぅ私はあんな風に笑ったりすることができないのではないか?なんて思ったほどの重厚な音色に衝撃をうけた。しかし聴き続けていると、それが勇気や自分の生命力にグングンと変わりつつあって、そのような影響を与えるヒトが真の芸術家なのだろうな、と思う。

奇しくも、明日6月13日はスコット・ロス氏の命日。
[PR]
by gaekogarcia | 2008-06-12 18:50 | ガエル以外
<< クープラン 最後にむちゃくちゃ走ったのいつ... >>