<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

William It Was Really Nothing

1984年の英国のTop of the pops つう歌謡曲番組より。1984年だよ。
これが一般的にウケテタなんて、英国市民て大人なんだわ・・・・。この当時、まだ子供に近かった私はモリがこんなクネクネして挑発的な姿でパフォーマンスしておるなんて夢にも思わなかったが、ダメだクズだゴミだと暗く自分を責めながら実はそれは社会に対しての憎しみとして歌っているのも好きで、そこに美しさがあって、惹かれておりましたー。
(ちゃんとしたTheSmithsネタは初めてか?)
http://www.youtube.com/watch?v=bJso1Df5BQQ&feature=player_embedded
The rain falls hard on a humdrum town  This town has dragged you down
Oh, the rain falls hard on a humdrum town  This town has dragged you down
Oh, no, and everybody's got to live their life
And God knows I've got to live mine God knows I've got to live mine

William, William it was really nothing William, William it was really nothing
It was your life ...
How can you stay with a fat girl who'll say :
"Oh ! Would you like to marry me ? "And if you like you can buy the ring"
She doesn't care about anything 
Would you like to marry me ?
And if you like you can buy the ring I don't dream about anyone - except myself !
Oh, William, William it was really nothing William, William
[PR]
by gaekogarcia | 2008-08-31 16:14 | ガエル以外

「November Spawned a Monster」

http://www.youtube.com/watch?v=r1lYz0kuHw4&feature=player_embedded
優しいもりしーの歌の励まされていたあの頃は家でザ・スミスの動画を鑑賞するなんて
想像することすら出来ずひたすら耳をかたむけるしかなかった、ことを思い出す。
この歌には「それでもそれでも人間は再生する」とかって現実を受け入れる勇気みたいなものを感じたりしてた。

とりあえずこれを貼ろう。この歌の日本語訳を探していたら、ご丁寧に日本語解釈のついた動画があった。
この動画よりもふた周りも太めな大人びたもりしーが歌う「NovemberSpawned a Monster」はある意味、
説教くさいと同時にもっと存在感がある、と感じるのは
己の年齢も体型も大きくモリシーと似通っているからだろうか。

Sleep on and dream of Love Because it's the closest you will get to love
Poor twisted child So ugly, so ugly
Poor twisted child Oh hug me, oh hug me
One November Spawned a monster In the shape of this child Who later cried :

"But Jesus made me, so Jesus save me from pity, sympathy And people discussing me"
A frame of useless limbs 
What can make good all the bad that's been done ?
And if the lights were out Could you even bear To kiss her full on the mouth (Or anywhere?)

Oh, poor twisted child So ugly, so ugly
Poor twisted child Oh hug me, oh hug me
One November Spawned a monster In the shape of this child
Who must remain
A hostage to kindness And the wheels underneath her
A hostage to kindness And the wheels underneath her
A symbol of where mad, mad lovers Must PAUSE and draw the line.
So sleep and dream of love Because it's the closest You will get to love
That November Is a time Which I must Put OUT of my mind

Oh, one fine day Let it be soon She won't be rich or beautiful
But she'll be walking your streets In the clothes that she went out
And chose for herself.
[PR]
by gaekogarcia | 2008-08-24 16:12 | ガエル以外

いやらしくなくて怖くて湿っぽいトッカータ演奏だった

これまでバッハ曲は聴いても、トッカータは聴く機会がなかった。昔聴いた時に個人的に勝手にそう思ってしまったのが、長丁場なうえに掴み所がなく、やたら勿体ぶっていても印象が薄い、のでグールド演奏のトッカータは敢えてパスしていて聴いたことがない。
というところに、ScottRoss礼讃主人さんより「ロスのトッカータは大好きになりますよ」とコメントいただいて機会があれば良いなぁと期待していたらば!!BWV912ではないのだがBWV914のライブ録音発見して本当に大好きになってしまいました。

なんなんでしょうー
第一音が鳴った瞬間から雷がおちたような衝撃がはしるのだ!他になんかもっと
それらしい表現はないかと数日考えたんだけど雷かなぁ。
チャンバロとピアノという楽器の違いもあるのでしょうがいやらしさがないのに、怖さはある。
寂寥感みたいな暗さよりも湿っぽさがある。
e0002289_18365166.jpg

驚いている間に曲は導入部から、4声のアレグロへ・・
それがアウフタクトの完全8度で始まるっておもしろすぎる・・腰抜けた。そのあとはもぅ
快調なロス節が走る走る~~主題繰り返す繰り返す~~フーガはもぅ気迫に充ち満ちて
いて圧巻。演奏後、観客の拍手まで入っているわけですが、この拍手は果たして鳴り
止んだのだろうか?その拍手の中でスコット・ロスはどんな表情を見せていたのだろうか?
スコットロスは天才。(の前にバッハが天才なのだが。)

この演奏に触発され、もぅ自分もいい歳こいている訳だし自分でも弾いてみないと!と
ネット上で楽譜を探しあてたのがこれ。しかし指番号がない。それはそれで寂しいものです・・
運指番号がついている楽譜をネットで見かけたら、コメント覧へご一報いただければ幸甚です。
そして、次はBWV912を探しに徘徊の旅へでます。
[PR]
by gaekogarcia | 2008-08-10 18:34 | ガエル以外

しょちゅーおみまいもうすあげます

真夏の夜に観たい映画やねぇ・・。いえ、
真夏でなくても夜でなくてもガエルの新作が観たいというだけの話なんだが。
e0002289_0343035.jpg

[PR]
by gaekogarcia | 2008-08-03 00:00 | ガエル画像