タグ:Morrissey ( 35 ) タグの人気記事

William It Was Really Nothing

1984年の英国のTop of the pops つう歌謡曲番組より。1984年だよ。
これが一般的にウケテタなんて、英国市民て大人なんだわ・・・・。この当時、まだ子供に近かった私はモリがこんなクネクネして挑発的な姿でパフォーマンスしておるなんて夢にも思わなかったが、ダメだクズだゴミだと暗く自分を責めながら実はそれは社会に対しての憎しみとして歌っているのも好きで、そこに美しさがあって、惹かれておりましたー。
(ちゃんとしたTheSmithsネタは初めてか?)
http://www.youtube.com/watch?v=bJso1Df5BQQ&feature=player_embedded
The rain falls hard on a humdrum town  This town has dragged you down
Oh, the rain falls hard on a humdrum town  This town has dragged you down
Oh, no, and everybody's got to live their life
And God knows I've got to live mine God knows I've got to live mine

William, William it was really nothing William, William it was really nothing
It was your life ...
How can you stay with a fat girl who'll say :
"Oh ! Would you like to marry me ? "And if you like you can buy the ring"
She doesn't care about anything 
Would you like to marry me ?
And if you like you can buy the ring I don't dream about anyone - except myself !
Oh, William, William it was really nothing William, William
[PR]
by gaekogarcia | 2008-08-31 16:14 | ガエル以外

「November Spawned a Monster」

http://www.youtube.com/watch?v=r1lYz0kuHw4&feature=player_embedded
優しいもりしーの歌の励まされていたあの頃は家でザ・スミスの動画を鑑賞するなんて
想像することすら出来ずひたすら耳をかたむけるしかなかった、ことを思い出す。
この歌には「それでもそれでも人間は再生する」とかって現実を受け入れる勇気みたいなものを感じたりしてた。

とりあえずこれを貼ろう。この歌の日本語訳を探していたら、ご丁寧に日本語解釈のついた動画があった。
この動画よりもふた周りも太めな大人びたもりしーが歌う「NovemberSpawned a Monster」はある意味、
説教くさいと同時にもっと存在感がある、と感じるのは
己の年齢も体型も大きくモリシーと似通っているからだろうか。

Sleep on and dream of Love Because it's the closest you will get to love
Poor twisted child So ugly, so ugly
Poor twisted child Oh hug me, oh hug me
One November Spawned a monster In the shape of this child Who later cried :

"But Jesus made me, so Jesus save me from pity, sympathy And people discussing me"
A frame of useless limbs 
What can make good all the bad that's been done ?
And if the lights were out Could you even bear To kiss her full on the mouth (Or anywhere?)

Oh, poor twisted child So ugly, so ugly
Poor twisted child Oh hug me, oh hug me
One November Spawned a monster In the shape of this child
Who must remain
A hostage to kindness And the wheels underneath her
A hostage to kindness And the wheels underneath her
A symbol of where mad, mad lovers Must PAUSE and draw the line.
So sleep and dream of love Because it's the closest You will get to love
That November Is a time Which I must Put OUT of my mind

Oh, one fine day Let it be soon She won't be rich or beautiful
But she'll be walking your streets In the clothes that she went out
And chose for herself.
[PR]
by gaekogarcia | 2008-08-24 16:12 | ガエル以外

なんか気分的にの、もーりっせーー!と叫びたいかんじなのだよーーーー、

と某日に書いたこの文章の本意は今となっては自分で理解し説明しかねるのだが、、、
e0002289_16113152.jpg

ヒトのそれには時間が経つことによって何かよい結果として解決されることもあり、ただ単に忘れられ不明のまま且つ謎のままでおわることもあり、だから何でどうした、って考えることはヒトにはそれほど必要なことではないのかもな、と、またもや自分で今書いた「ヒトのそれ」というのが何を指すのかハッキリ限定表記できないのだが、ただ、モリシーの老け様現モリシー画像を見るといつもそんな事を考えさせられて、この男の変質していく様子はあたたかく見守らねばならんものの1つだろうかなぁ、相当風変わりな人なんだろうなぁ、その個性の強さが私を惹きつけるのだろうなぁーと思いつづけて20年。
[PR]
by gaekogarcia | 2008-04-30 15:59 | ガエル以外

時には「本題」をば、、、、、、、

当ブログの本来の主題、としたい内容は当初の予定では・・・・モリシーことMORISSEYでした。主張力・メッセージ性が強いのか弱いのかわからない、男性的なのか女性的なのかわからない、カッコイイのかカッコ悪いのかわからない、そんなザ・スミスを理解したくて好きになった。情報源はレコード屋と洋楽雑誌だった当時、ザ・スミスのライブ、つまり動くモリシーを深夜突然TVで見た時のあの衝撃を今もハッキリと覚えている。レコード・ジャケットから受ける硬派な印象とは大違いの、お花畑。元・引きこもり根暗青年とは思えない妖艶ダンス(笑)と力強い歌声、と思いきやヨーデルボイス。追っかけ始めて暫くしたらザ・スミスは解散した。
Morrissey onstage in a video capture from the Rockpalast appearance, 1984.
e0002289_15561674.jpg

ネット時代になり、過去の産物はいつでも掘り起こせる、と関せずいたがモリシーは
過去の人ではなかった。新作も出しているし世界各地でライブ活動も行っていた。
しかし姿形は過去のままではなかった。それでも世界各国に根強いファン、
というより信奉者がいてライブ会場はものすごい熱気らしい。
老いてなお盛んに活動つづけるモリシーをやっぱり追いつづけなくては!
と思いつつ、姿形が・・・(我が身をも見よ)・・、という昨今、
徘徊中にみつけたページ。
リビングアイコンという意味がよくわからんが国民的アイドル?2位て!http://www.bbc.co.uk/arts/livingicons/vote/
おどろきましーーた。
これに使われているモリシー画像もちゃっかり若いしなー(笑)
[PR]
by gaekogarcia | 2008-02-10 15:55 | ガエル以外

もりしー

so, please save your life because you've only got one
http://www.youtube.com/watch?v=X_IdLpwQv4o
e0002289_15543434.jpg

[PR]
by gaekogarcia | 2006-12-11 15:52 | ガエル以外