タグ:VIDAS PRIVADAS ( 14 ) タグの人気記事

2008年12月の更新

12月の更新、って今日なんにちなんだか、何日でも何年でもなんでもいいや。
雨でも雪でもどんとこい。衝撃のブエノスアイレスの夜ポスター。
見つけたー、もぅ1枚あったんすね。
e0002289_23175849.jpg

[PR]
by gaekogarcia | 2009-01-16 23:12 | ガエル画像

猛暑お見舞い申し上げます

e0002289_2235294.jpg

むはーぁぁっと濃厚な空気で余計に暑い!・・のが良いわけで。しかしこの後、どーんと
陥れられますから。猛暑お見舞いと同時に、ペルー大地震もお見舞い申し上げます。
[PR]
by gaekogarcia | 2007-08-17 20:00 | ガエル画像

ガエル徹底鑑賞 「ブエ夜・後半戦」編

e0002289_23321476.jpg2006年も気が付けば半分を過ぎ・・そんな頃に1月31日の続編「後半戦」を。ちなみにこの半年間で再鑑賞最多回数ガエル映画は何かと振り返りますと「Bad Education」です。それについてはまた別日に書くとしてブエ夜は1月の前半戦鑑賞以来久しぶり。BEに続いて多く鑑賞している「Dot the i」の「カルメン!」と二重サッシを叩く場面でグスタヴォのことを思い出してはいました。

さて、後半は演出&ストーリー展開にはかなり不満がありますが~ガエル徹底鑑賞なので気にせずいきましょう。後半戦では思わず身を乗り出すグスタヴォの表情が多いこと!・・・いや、ただ私が「ガエル好き」だから身を乗り出しただけとも言えるかもしれないが・・。謎の過去を持つ心を閉ざしたカルメンを救いたいグスタヴォの暖かい表情が目立ちます。自分の愛で誰かを助けてあげたい、という時に人間は皆あんな優しく切ない表情をするのだろうか。しかし最後は完全に立場が逆転し、グスタヴォはもぉ何かにすがりたくてすがりたくてもぅ捨てられた子犬ちゃんどころじゃなくって・・私が支えてあげるわよ~のカルメン。このシーンも好きです。

【今日の発見】
カルメンの頼みで「グスタヴォが歌う歌詞は忘れた鼻歌」が最後の方でキレイな曲としてラジオから流れていたの、皆さんご存知でした?あの歌があの唄だったのかぁぁぁ!私は今日気がついた。うわカルメン泣くよねぇ、それじゃぁツツツ~~と・・。
[PR]
by gaekogarcia | 2006-06-18 23:30 | ガエル映画鑑賞

ガエル徹底鑑賞 「ブエ夜・前半戦」編

e0002289_14365197.jpg
2006年になり気が付けば1月も終わり・・PCデスクトップにガエルがいるからガエル教信者の勤めとしガエル画像は毎日拝ませて頂いているものの、何やら日々の生活に手一杯で動くガエルを鑑賞するに至らず。これではいかん。1月中に「新春ガエル祭」を決行しブログ更新するのだ~と焦って思わずグスタヴォに手を出した。実際にグスタヴォの腕引っ張ってちょっかいだしてみたいわね~(そして足噛まれたい)の思いをこめて2006年初鑑賞は「ブエノスアイレスの夜」、いやこうして改めて書くとやはりこの邦題はおかしい。原題Vidas Privadas「私生活」ではダメだったのか。余談はさておき今回はガエル徹底鑑賞ですのでストーリーは無視で、 印象的なシーンを3つ取り上げてみました。

パパと向き合う時のグスタヴォが良い。あなたの息子は芸名も授けられ立派にこれからスター街道を歩もうとしてるんだから~と私がパパさん助言したところで(←仮想)そりゃ引きます・・あのポスターですから(笑)。だからパパさん親心もわかるがグスタヴォも必死に説得してるのにフンフワしたアルゼンチン訛りのスペイン語のせいか、ガエルが時々見せる笑顔が他で見せる表情より純で子供っぽく見えて。このシーン、優しさが感じられて好きなんです。内容はともかくどんな父子にもありそげな会話と光景かな?かーちゃんお前のこと心配してるぞ!なんて言われた時のガエルの顔!要チェックです。あぁこの表情好きです。

と、パパとのまっすぐ純な感じから一転し・・怪しすぎる熟女ロクサーヌには顎で使われる(?)グスタヴォなんでありまして~横のいかにもな小娘ヴィッキーもなぁ(笑)。このグスタヴォ去り際に小指で寄せてチュウってアリですか!!と信じがたいやら羨ましいやら憎いやらキモイやら。この横顔好きです。

そして雨に打たれ水もしたたるイイ男グスタヴォ。電話に出てくれ~カルメン!って・・カルメンがその電話の声に弱いの知ってて~もぉ!カルメンたまらず立ち上がり窓辺に走るよね・・もぉ!カルメンのカの字、あの子音は真似できないなぁ。その前のシーンで名前を呼ばれ安堵感いっぱいで涙を流すカルメンに私も涙してたのでした。改名する機会があったらカルメンにしたいと思う私もガエルの声が好きです。

では次回はガエル徹底鑑賞「ブエ夜・後半戦」で。
[PR]
by gaekogarcia | 2006-01-31 10:35 | ガエル映画鑑賞

そんなに笑ってないでしょう

「南米大陸でガエル画像検索結果」・・まだ続きます。
枯葉のプールで・・フリオ、笑ってるシーンないよね。
e0002289_4203012.jpg


カルメンと初めて外で食事で・・こんなシーンないよ~。(嫉妬)
e0002289_4225063.jpg

[PR]
by gaekogarcia | 2005-09-02 04:23 | ガエル画像

ねぼけまなこ

e0002289_4292738.jpg
ガエル作品が一通り揃い全作品一通り鑑賞したところで(いや「Fidel」は手元にあるも未見)ガエル超中心鑑賞で(ガエル出演シーンのみ、他は飛ばす)「思わず一時停止のガエル画像」を探しながら「BE」と「ブエ夜」。バリバリ眼力のガエルもよいがこんなマナコのガエルもよい。これがカメラ目線だともっとヨイ。他にも「あのガエル映画にも寝ぼけまなこ画あるよ~」というのがあればご一報を!e0002289_4301039.jpg

[PR]
by gaekogarcia | 2005-08-20 04:31 | ガエル画像

「ブエノスアイレスの夜」を何度も鑑賞してしまう訳

ようやくネットが正常開通したようだ。気が付けば7月も9日・・更新が遅れまして失礼しました!

e0002289_558024.jpg

その間、私は「ブエノスアイレスの夜」を3度も鑑賞。1度はガエル凝視で&ガエルと号泣で字幕どころでなく(今回は英語字幕付)、2度目は字幕重視ながらも1番印象はガエルのハミング(酔)、そして昨夜は徹底的に「グスタヴォの気持ち」に集中して鑑賞してみた。グスタヴォ(敢えてヴォ)のようないわゆる「運命の孤児」というのは混乱の時代が続いたアルゼンチン国だけでなく世界各国に存在する。「運命の孤児達」の人生が何も不備なく不足なく幸福であるという確立はすごく低いんではないか?もしもそんな統計があったら見てみたい。いや、本当は孤児と非孤児(?)のそれに差はないのかもしれない・・。そんな余計な深読みをウツラウツラさせられたのは後半20分のガエル演技の素晴らしさ!苦しくて立っている事もできなくて情けなくて自分が何者なのかわからなくて哀しくてどうしようもなくてその気持ちを誰にぶつけたらよいのか泣くことしかできないのかどこへ歩いて行けばよいのか、という戸惑いのグスタヴォが私の「深読み心」をグラグラと揺さぶったのだろう。

e0002289_559276.jpg

22歳のグスタヴォは「グスタヴォ・ベルトリーニ」から「グスタヴォ・ガーナ」(そうMMマリリンモンローのように、ってのは色っぽくてイイ感じ)という芸名を与えられ今これから人生を切り開くという時だった。が、人生とは何がどうひっくり返って、そこに喜びがあったり悲しみがあったりするのか、ほんとわからんもんだ。普通に育った普通の22歳だったら、この謎の女カルメンに興味を持つことはなかっただろうに。運命の孤児はそこで運命の出会いをする。カルメンの「毅然とした寂しさ」とは異なる、感傷的な寂寥感?を持ったグスタヴォの声に涙した。人を愛するという事は相手の何を知り得るということか?(ってパトリス・シェローか)共有できない過去を持つカルメンが話につまってヤケドを負い、「ヤケドしちゃったわ」と笑ってしまう場面が悲しかった。カルメン妹の執拗な好奇心が悲しかった。カルメン母の物憂げな視線が悲しかった。人生は悲しいことの方が多いのかなぁ~いやそうじゃないよなぁ~もぅ1度見て確認してみるか~と思っているところにヒョッコリカワエエガエルに会えてしまう作品だから、だから何度も見てしまうのだろうな!
[PR]
by gaekogarcia | 2005-07-10 04:41 | ガエル映画鑑賞

PC壁紙

あたまがぐすたぼ~・・今宵第2回目鑑賞を終え、ぼぉ~っとしてます。

e0002289_7511557.jpg

[PR]
by gaekogarcia | 2005-06-20 07:51 | ガエル画像

速報:オクタビオを抜いてグスタボが首位を獲得

e0002289_863185.jpgガエル出演映画鑑賞第8弾「ブエノスアイレスの夜」(邦題)こと「Vidas Privadas」(原題「私生活」)を鑑賞。私の脳と心臓にぐっさりとメスが入りました。ガエル映画にはやられっぱなし。しばらく何をしても
「グスタボ・モード」(*)が続きそうで自分の行動が心配。
ここをご覧の皆さま、もしよろしければ「ブエ夜」感想を積極的にコメントください。それを読ませて頂いてこのホトボリを冷ましたいと思います。今は何を書いてよいのやら・・
(*)揺れる大地をフラフラしながらそれでも前進せざるをえないような感じ(わかりづらい)

壁越しグスタボに名前を呼ばれたい。
[PR]
by gaekogarcia | 2005-06-19 04:05 | ガエル映画鑑賞

じらして~じらして~夏のガエールぅ♪

↑冷やして~冷やして~夏のカスーテラ~♪というCMがその昔ありました。(誰も知らないか)さて、現在私のCD棚には未見ガエル映画「ブエノスアイレスの夜」と「モーターサイクルダイアリーズ」の2本がスタンバっており、今宵は数週間前に友人が郵送してくれた「ブエ夜」のパンフレットを(鑑賞直前までパンフには手を触れるべからず!と簡単に手の届かない高~い場所に仕舞っておいた)引っ張り出し鑑賞前研究。配給社の作品解説は重々しく堅苦しい表現でまとめられておりまして~その後に続く大学教授(ラテン文学)による「軍政とトラウマ」と題した映画評にネタバレ有・・これにはショック受けました。パンフ編集長よ、「先生それは遠慮してください」と止めるべきでした。しかし私自身はアルゼンチの歴史にはあまりに無知すぎで焦る。・・ガエル映画で色々勉強させてもらいます。(高級男娼とは何か?を含む)e0002289_5491746.jpg
[PR]
by gaekogarcia | 2005-06-18 05:49 | ガエル映画鑑賞